痩せ菌を増やすとなぜ痩せるの?

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

 

痩せ菌は、腸内細菌の一つです。
腸内には、乳酸菌などの体に良い影響を与える善玉菌、体を害する悪玉菌に加え、善玉菌と悪玉菌どちらか優勢な方と同じ働きをする日和見菌といった種類の腸内細菌が存在します。

 

 

理想的な腸内細菌の割合

善玉2悪玉1日和見7


痩せ菌というのは、このうち最も数の多い日和見菌の「バクテロイデス門」と言われる種類。
この痩せ菌は、腸内に入った栄養素を脂肪へ変換を抑える働きがあるため肥満しにくい体になるわけですね。

 

反対に肥満菌と呼ばれるものもあります。
同じく日和見菌の一種で「フィルミクテス類」と言われます。
肥満菌の割合が増えると脂肪の吸収量が増えるため、肥満になりやすくなるわけです。

 

つまり、痩せ菌を増やすということは、痩せ菌を増やしながら同時にデブ菌を減らしていくことが一番有効であるということ。
また、痩せ菌を増やすことにより本来、善玉菌や悪玉菌の影響を受ける日和見菌が善玉菌優位になりやすくなるといったメリットもあります。

 

善玉菌がしっかり機能している腸内では、免疫力向上・ダイエット効果・美肌効果・アレルギー性疾患の緩和・ストレス軽減・便秘の改善など様々な恩恵が得られます。

 

さらに痩せ菌が増えれば、「食べても太らない体質」といったものも手に入れるのことも夢ではありません。

 

痩せ菌を増やすにはどうする?

食物繊維をしっかり摂取する

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

食物繊維をしっかり摂取することは、善玉菌、痩せ菌を増やすうえで欠かせません。

 

以下は厚生労働省が発表した食事摂取基準の内、食物繊維の摂取基準を表にまとめたものです。

 

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

(食事摂取基準 - 厚生労働省より引用)

 

成人以上の場合、男性ならば20g程度、女性ならば18g程度の食物繊維が必要となります。
しかし、同じく厚生労働省の栄養調査によると食物繊維の摂取は男性で13g~17g,、女性で11g~16gといずれの年代においても基準量が達していません。しかも、若い人ほど食物繊維の摂取量が低い傾向にあります。

 

つまり、日常的に男女ともに7g程度の食物繊維の不足が見られるということです。

 

食品で食物繊維7gってどのくらい?

ごぼう1本半程度、ピーマンなら3個程度、ほうれん草なら3束、しめじなら2パック、バナナなら7本分に相当

 

こう見ると食物繊維の不足分を補うだけでもかなり大変なのがわかるかと思います。不足してしまう食物繊維を補うには毎日毎食のバランスの良い食生活というのが基本になりますが、数ある食品の中でも食物繊維量の多いキノコ類・根菜類・大豆類・野菜類・海藻類などを組み合わせるのがおすすめです。

 

また、食物繊維には、水溶性と不溶性という二種類があり、この摂取割合を1:2にすることも抑えておきたいポイントです。
水溶性食物繊維が善玉菌などの痩せ菌のエサに、不溶性食物繊維が便通の改善などに使われます。

 

ただ、水溶性食物繊維は含有量が多い食品が少なく、どうしても不足しがちになります。
水溶性食物繊維が多い食品として、ライ麦粉・ごぼう・オートミール・干しイチジク・干しプルーン・アボガドなどを取り入れるのがおすすめです。この食品は水溶性食物繊維が多い上に不溶性食物繊維量のバランスが理想的なので一品と入れるだけでも食物繊維量を補給することができます。

 

 

……とはいっても、正直小難しくて面倒くさいですよね。

 

 

実際問題そんなに食べられなかったり、食物繊維が多いものは味が独特なものも多いため摂りたくないという方もいるかと思います。実際、毎日食品からの摂取をできる人はかなり少ないのは調査結果を見ても明らかです。

 

そんな食事を大きく変えられない、という方は食物繊維が入ったサプリメントを活用することで不足分を補うことをおすすめします。毎日でなくても食物繊維量を確保できないという日に絞って使うということもできるので使い勝手は良いです。

 

どちらを選ぶにせよ食物繊維量を確保することが痩せ菌を増やす上では必須となります。

 

乳酸菌などの善玉菌を摂取する

善玉菌といえば乳酸菌やビフィズス菌です。
実は乳酸菌やビフィズス菌には何千種類もあり、その種類によって期待される効果が変わってきます。

 

生きて腸まで届くなんてふれこみもよくありますが、実は生菌でも死菌でも得られる効果に大きな違いは違いはありません。

 

それよりカンジンなのは毎日摂取すること。
常に乳酸菌などを腸内に入れることで腸内刺激となり、善玉菌を増やすサポートとなります。それにより腸内環境が整います。結果、善玉菌が優勢になり、悪玉菌や肥満菌の活動も弱まるためそれだけ痩せやすい体が出来上がるのです。

 

摂取方法は代表的なところではヨーグルトがあります。

 

ただ、ヨーグルトはアレルゲン(アレルギーの元)を含んでいるため毎日摂取することでアレルギー症状を引き起こしたり、砂糖をたっぷり入れるないと食べれないという人やもともと加糖タイプというものも多いため、逆に肥満菌が好む糖質を過剰に摂取するきっかけになることも少なくありません。

 

ヨーグルトを選ぶ際には無糖タイプを選び、味付けには生の果実や善玉菌のエサとなるオリゴ糖、または蜂蜜などを適量入れて味を調える程度にとどめて摂取するのがおすすめです。アレルギー対策として乳酸菌サプリメントを併用することも検討してみましょう。

 

また、納豆などに代表される発酵食品にも乳酸菌の一種であったり、善玉菌を増やす働きをするため積極的に摂取したいところです。

 

痩せ菌を増やすのに選ぶのは食物繊維と乳酸菌を兼ね備えたサプリメント

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

痩せ菌を増やすには腸内のお掃除をするために必須の不溶性食物繊維、痩せ菌のエサとなる水溶性食物繊維、善玉菌を増やすために有効な乳酸菌・ビフィズス菌といった善玉菌が配合されたサプリメントが食材で摂るよりもコスパも高い上に、多くの乳酸菌が摂れるのでおすすめです。

 

しかし、乳酸菌サプリ一つとってもはいま恐ろしいほどの数があり、どれが良いのかなんて一概に分かりづらいですし、ついつい有名だけど痩せ菌を増やすという目的には物足りない商品に手をだしがちです。

 

そこで、痩せ菌を増やすのに最適な食物繊維と乳酸菌を兼ね備えたサプリメントをご紹介します。サプリメント選びの参考にしてみてください。

 

痩せ菌を増やすサプリメントランキング

 

プレミアムスリムビオの特徴

乳酸菌一日当たり「1兆個」配合した業界トップクラス配合のサプリメント。

EC-12・ビフィズス菌B-3・スマート乳酸菌®・ビフィズス菌B-108・有胞子性乳酸菌・フェカリス菌(ヒト由来)といった6種類の乳酸菌に加え、スマート乳酸菌によって吸収力が高まる茶カテキンや母乳にも含まれる貴重な栄養素であるラクトフェリン・善玉菌を増やす働きが期待できる納豆菌・乳酸菌のエサとなるオリゴ糖に加え、アガベイヌリン、グルコマンナンといった成分を配合してます。

さらに痩せ菌を増やすのに必須の食物繊維には、腸まで届く食物繊維であるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)と水溶性食物繊維(難消化デキストリン)を配合。

公式サイトからの購入で初回980円で始めることができ、120日間返金保証のキャンペーンも行っているサプリメントです。

 

プレミアムスリムビオのおすすめポイント
  • 乳酸菌一日摂取量「1兆個」配合
  • EC-12やビフィズス菌B-3など乳酸菌6種類配合
  • 腸まで届く食物繊維であるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)配合
  • 茶カテキン・ラクトフェリン・納豆菌・乳酸菌のエサとなるオリゴ糖
  • 水溶性食物繊維(難消化デキストリン)・アガベイヌリン、グルコマンナン配合
  • 初回980円
  • 120日間返金保証

口コミ
一兆個乳酸菌ってすごいと思って買ってみました。最初はちょっと下痢っぽくなっちゃたんですけど、そのあとはすごい体重が減った。でも肌の吹き出物とかむくみとかがなくなったからよかったと思う。
21歳/女性
腸活したくて使ってます。このサプリは本当に腸に効いてるなって思えます。体重は1か月で4kg減。2か月で6kg減、今半年ですが結局12kg減しました。BMIが肥満値だったのが見事正常値にまで行きました。もう少しで三段腹が解消できそうなので続けたいと思います。
34歳/男性

価格 980円
評価 評価5
備考 初回価格
 
 

KOMBUCHA生サプリメントの特徴

酵素・酵母・乳酸菌・酪酸菌といったスリム4大成分を一粒に濃縮して配合したサプリメント。

KOMBCHAは、海外セレブにも愛用している酢酸菌で作ったKOMBCHA(紅茶キノコ(酵母菌))をはじめ、乳酸菌を22種類に加え善玉菌のエサとなるオリゴ糖、短鎖脂肪酸(脂肪になるのを防ぎ、燃焼を促進)を生み出す酪酸菌、357種類の「生」酵素を配合。
そんな貴重な栄養素を胃酸で溶けず腸まで届く特許手法のカプセルで包み込んでいます。

現在、初回980円で始められるキャンペーンを実施中です。

 

KOMBUCHA生サプリメントのおすすめポイント
  • 酵素・酵母・乳酸菌・酪酸菌といったスリム4大成分を一粒に濃縮
  • 酢酸菌で作った繊維の塊「紅茶キノコ(酵母菌)」配合
  • 乳酸菌を22種類+オリゴ糖配合
  • 脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪を燃焼する働きが強い成分を生み出す酪酸菌
  • 357種類の「生」酵素を配合
  • 特許製法の胃酸に負けず腸で崩壊するカプセルを採用
  • 初回980円で始められるキャンペーンを実施中

口コミ
腸活サプリで一番気になってた。 酵素もとれるし、乳酸菌もとれるしでカンペキ!

体重は少し減りました~。まだ二週間くらいだからがんばってつづけたいとおもいます!

19歳/女性
名前が昆布茶にしか思えなくて妙に覚えていてちょうどボーナスが出たので買ってみました。 ダイエット効果は3か月で8kg減となかなかいい成果を得られました。

もうやめて半年ほどたちますが、リバウンドはなし。毎日体重は記録してますが、どうやら太りにくい体質を得たと確信しました。

36歳/男性

価格 980円
評価 評価4.5
備考 初回価格
 
 

くろしろの特徴

黒の素材と白の素材を組み合わせたサプリメント。

黒の素材には、特殊な製法で作られた活性炭に加え、生酵素をたっぷりと238種に加え、特許原料であるブラックジンジャー、そして生酵母を配合。
白の素材には、生麹と10種類の乳酸菌を配合しています。

初回980円で試せるキャンペーンを実施中です。

 

くろしろのおすすめポイント
  • 活性炭・生酵素238種・特許原料ブラックジンジャー・生酵母の黒の素材配合
  • 生麹・10種類の乳酸菌の白の素材配合
  • 初回980円キャンペーン

口コミ
特に変化を感じないなぁ、って思ってたら体重が3kg減っててびっくり。特別なことしてなかったので本当に感動です。
38歳/女性
体の調子がよくなりました。ダイエット効果は少しあったと思います。
51歳/女性

価格 980円
評価 評価4
備考 初回価格
 
 

ウィルキラーDietの特徴

1袋にヨーグルト500個分、5兆個の動物・植物性複合型の乳酸菌サプリメント。

パウダータイプの乳酸菌なので、水に溶かしてはもちろん、ヨーグルト・ゼリー・フルーツなどにかけるのはもちろん、乳酸菌の旨味を引き出す力を利用してお肉料理や魚料理の下味として使うこともできます。
乳酸菌には、ビフィズス菌の一種B-3・ラクリス菌・EC-12・酵母・フェカリス菌など多くの乳酸菌を配合しています。

また、水溶性食物繊維として難消化性デキストリン、善玉菌を増やすサポートをするミルクオリゴ糖・納豆菌を配合しています。

初回980円で試せるキャンペーンを公式サイトで実施中です。

 

ウィルキラーDietのおすすめポイント
  • 1袋になんと5兆個(ヨーグルト500個分)の動物・植物性複合型の乳酸菌
  • 食品にかけるタイプの乳酸菌、調味料としてもOK
  • ビフィズス菌一種B-3など配合
  • 初回980円キャンペーン実施中

口コミ
下味調味料として使ってみたくて購入しました。肉に漬け込むと柔らかくなって旨味もすごくなります。ゼリーとかコーヒーにも使えるので手軽に乳酸菌を摂れる手段として手放せません。
42歳/女性
味が良いですね。サプリメントはどうも苦手でしたが、こちらはよく溶けるので使いやすいです。
29歳/女性

価格 980円
評価 評価3.5
備考 初回価格
 

 

適度な運動をする

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

痩せ菌の繁殖には、腸内の活動を活発にするというのも有効です。
胃腸というのは人間のストレスを感じやすい器官ですので、適度な運動をすることでストレスを解消し、副交感神経の活動を優位にする働きも期待できます。すると腸内の働きも高くなるので痩せ菌を早く増やすことに向いた環境を作ることが期待できるのです。

 

ストレスは万病の元であるため、激しい運動である必要はありませんが、痩せ菌を増やすためにストレス解消手段である運動をしてみるのもいいでしょう。

 

痩せ菌を減らし、肥満菌を増やすNG行動

痩せ菌を増やす方法 痩せ菌を増やすサプリメントはコレ!

 

痩せ菌を増やすには、痩せ菌のダメージになる行動も避けなければなりません。では、どんな行動が痩せ菌を減らすどころか肥満菌を増やしてしまうことに繋がるのか確認しておきましょう。

 

  1. 高糖質の食事
  2. 高脂質の食事
  3. 喫煙
  4. 寝不足
  5. 過度な飲酒
  6. 高塩分
  7. 過度なストレス
  8. 偏食

 

最後に

世の中には食べても食べても太らないという人もいます。
これは、遺伝というものもありますが、それでも体質は十分に変えられる余地はある場合がほとんどです。

 

一つ一つの行動をすべて見直すのは難しいですが、自分にできることを一つからでも始めて継続することが大きな体質の差になるのではないでしょうか。